薬剤科

機能評価

薬剤科

薬剤科

基本理念

県立釜石病院基本理念に基づき、患者さん中心の安全・安心な薬物療法の支援に貢献します。

 

基本方針

1.医薬品の安全管理と適正使用に努め、良質の薬剤業務を提供いたします。

2.専門職としてチーム医療に貢献し、質の高い薬物療法に寄与します。

3.患者さんの健康と生命を守るため自己研鑽に努めます。

 

 

薬剤科は、現在8名の薬剤師と2名の調剤助手で構成されています。主な業務内容は、調剤、注射薬無菌調製(抗がん剤、高カロリー輸液調製)、製剤、薬品管理、医薬品情報管理、薬剤管理指導が中心となっています。また、休日や夜間救急にも薬剤師が日当直体制で対応しています。

薬剤師は薬物療法を通じて、安心して治療が受けられるように安全かつ効果的な医療を提供する上で重要な役割を担っています。患者さんを中心としたチーム医療の一員として、がん薬物療法、緩和ケア、栄養サポート、感染制御、褥瘡対策など様々な場面で治療の支援を行ない、活躍しています。

そして、チーム医療を支えるために専門的知識の修得と技術の向上に務め、学会参加や発表を行いながら、自己研鑚を行なっています。

薬学教育は、平成18年より6年制となり、より一層の知識と経験を習得した薬剤師が求められているため、薬学教育の実習受け入れを積極的に行いながら、指導する薬剤師のスキルアップも行なっています。

近年、薬剤師の業務は外来調剤から、入院患者さんを対象とした業務へ移行し、がん薬物療法や服薬指導などの業務拡大を行なってきました。更なる医療の提供の取り組みとして、平成24年度から全病棟へ専任の薬剤師を配置し、医薬品の適正使用と安全管理を通じて、安全安心した入院生活を提供できるよう病棟薬剤業務を実施しています。

さらに、地域の調剤薬局をはじめとする多職種の方々と連携をとりながら、今後もより良い医療を提供できるように努めていきます。

 

調剤

処方箋の内容について、過去の薬歴、投与量、服薬方法、飲み合わせなど、適切な処方内容であることを確認し、必要に応じて処方医へ疑義照会を行い、調剤を行います。薬剤科窓口で処方薬を渡す際に、薬剤による自動車運転の危険性や副作用の確認を実施しています。

注射指示箋においても、投与経路や投与速度、配合変化等について十分に確認を行い、患者ごとに注射薬をセットして払い出しを行なっています。

がん化学療法調製

がん化学療法調製は、電子カルテの治療計画書や指示書に基づき、患者個別情報に合わせて投与量、投与間隔、生涯投与量など治療が適切であるか厳格にチェックし、安全かつ清潔な作業を行なうために安全キャビネットという専用機器と専用のガウンや手袋、マスク、キャップを装着し、投与直前に調製を行なっています。

 

 

 

薬品管理業務

病院内において、医薬品の品質管理、各部署への薬品供給について適正管理を行なっています。また、薬品の使用等に関する各種データを分析し、効率的な購入管理を行なっています。

釜石病院は災害拠点病院に指定されており、災害時に備えた薬品の備蓄も行なっています。

 

 

 

 

 

 

 

▲トップに戻る