リハビリテーション技術科

機能評価

リハビリテーション技術科

リハビリテーション技術科のご紹介

当技術科は釜石医療圏内における急性期医療を中心とした総合病院におけるリハビリテーション医療の提供を担うため理学療法部門と作業療法部門で業務を行っています。

 

○基本理念

患者さん中心の安全で良質なリハビリテーション医療の提供を行い、地域の皆様の

健康寿命とQOLへ貢献します

 

○基本方針(病院基本方針にもとづく)

1 全人的医療の提供のための人権の尊重、尊厳を守り医療を行います

2 説明と同意にもとづく医療ならびに根拠に基づいた医療にあたります

3 地域の密着した医療提供のため他の医療機関や施設との連携を図ります

4 全職員は自己研鑽に励み人間愛をもって専門性を結集します

 

○施設基準

脳血管疾患等リハビリテーションⅡ(脳血管疾患などからの障害回復へ向けたリハビリ)

運動器疾患リハビリテーションⅠ(骨折や関節疾患術後回復へ向けたリハビリ)

呼吸器リハビリテーションⅠ(肺炎やCOPDなどの呼吸疾患へのリハビリ)

廃用症候群Ⅱ(外科術後ほか安静臥床後の廃用症候群へのリハビリ)

 

○部門配置(H28.9月時点)

理学療法(PT)部門 スタッフ5名  作業療法(OT)部門 スタッフ1名です。

理学療法、作業療法とも各疾患の発症や術後早期から日常生活動作の自立と社会復帰に向けて運動機能と認知機能の改善をはかるべく患者さんと取り組んでいます。

物理療法スタッフとして理療士2名(1名臨時)

 

 

 

 

 

 

理学療法部門キャッチフレーズ
 笑顔をあきらめない!
作業療法部門キャッチフレーズ
 作業は人を元気にする!
Power to the People!
 生(活)きる力を!
 

▲トップに戻る