医療機関の方へ

機能評価

地域連携について

基本理念

医療機関及び福祉施設や行政との適切な連携により、地域住民の医療と福祉の向上を図ります。

 

 

地域医療福祉連携室の役割

1.地域連携室

 医療連携を推進し、病病・病診連携の窓口として診療・検査予約業務を行ないます。また連携に関する啓発活動、データ管理を行ないます。

 

2.医療相談室

 疾病によって患者、家族が抱えた心理・社会的問題に対し、人権の尊重と自己決定の原則を基に社会福祉の立場から問題を自ら解決できるように支援します。

 

3.入退院支援室

 退院準備が適切かつ円滑に実施されることを目的に、地域との連携を踏まえ必要な指導内容や環境整備を組織的に進められるよう物的・人的調整を行ないます。

 

4.がん相談支援センター

 地域がん診療拠点病院として医療サービスの更なる向上を目指し、患者、家族、地域住民のがんの治療や療養生活に関する質問や相談に対応してがんに関するさまざまな情報提供を行ないます。

 



▲トップに戻る