看護科

機能評価

看護科

基本理念

【人間性を尊重し、心のこもった安全で安心できる看護を提供します】

基本方針

  1. 安全で安楽な看護を提供するために、看護者としての倫理を守ります。
  2. 患者さん中心のチーム医療を推進するために、多職種と協働します。
  3. 人間的成長と職業人と仕手の向上を目指すために、一人ひとりが自ら自己研鑚に励みます。
  4. 相手を思いやる心を持ち、快適な職場環境作りに努めます。
  5. 地域住民が安心した療養生活を送れるように、地域連携を促進します。

看護事務室

看護事務室では看護師一人ひとりが、病院の理念に基づき地域住民に信頼されるあたたかく質の高い看護を提供できるように働きやすい環境作りに取り組んでいます。

病気や突発的な休み等の状況に応じて応援体制を整え、助け合うための仕組みを作り、各看護単位を支援しています。

また、専門性の高い看護を実践できる看護師を育成し、キャリア発達を支援するために各種研修へ派遣しています。

 

看護体制

入院基本料

10対1

 

勤務体制

病棟・・・・3交替勤務

外来・・・・2交替勤務

 

看護単位

7看護単位(病棟 4単位 ・ 手術室 ・ 透析室 ・ 外来)

 

 

看護方式

固定チーム継続受け持ち制デイパートナーシステム

 

固定チーム継続受け持ち制デイパートナーシステムは、固定チームナーシングを基本として、看護師2名がパートナー(デイパートナー)となり、チームや病棟全体が相互に補完し協力し合いながら日々の看護を行う看護提供方式です。

 

教育・研修

教育理念

【病院・看護科の理念に基づき、専門職業人として患者・家族を尊重した看護の提供ができる看護師を育成する】

 

スタッフ一人ひとりが、専門職業人として必要な看護実践能力を維持し、向上できる看護職員の育成に取り組んでいます。当院では、教育専従看護師が配置されており、新人教育においては職業人として共に働けることを大切にスタッフ全員で支援できる体制を整えています。ステップ研修、院外研修でキャリアを重ね、自身の目標とする看護師を目指し、頑張っています。

 

» 岩手県立釜石病院継続教育体型はこちら

 

 

 

 

 

各部署の紹介

外来

外来は、17診療科・中央処置室・化学療法室・救急外来で構成され、24年度から放射線治療、27年度より禁煙外来が開設されました。更に、ストーマ外来・フットケア外来・助産師外来・摂食嚥下障害看護・がん看護など、専門性の高い看護の提供を行なっています。外来患者数は、1日平均500名で釜石・大槌地区の2次救急医療機関としての役割も担っています。

 

 

 

手術室

手術治療は、ほとんどの患者さんにとって経験がなく、大きな不安を抱えます。そのような不安を少しでも減らし、安心して手術を受けられるよう、釜石病院手術室では手術前に患者さんの病室を訪れ、お話を伺い不安の軽減と良好な信頼関係を築くために努力をしております。手術前、手術中、手術後を通して、安全と安楽が提供できるよう、そして何よりも円滑に手術治療が遂行されるように心がけております。

 

 

人工透析室

 当院は人工透析機器15台で稼動しております。受け入れ患者さんは釜石圏域(釜石・大槌地域)の患者さんです。維持透析のみではなく導入透析や緊急透析の受け入れも行っています。血液透析は月曜日から土曜日の日中、午前・午後の2クールで実施しており、患者さんの多様なニーズにお応えしております。スタッフは医師、看護師、臨床工学技士、看護補助者からなり、人間性を尊重し、心のこもった安全で安心できる透析治療環境の提供を目標に掲げ、日々の業務を行っています。

 

  

3病棟

3病棟は、小児科・産婦人科・緩和ケア病床を主とする混合病棟です。小児科は急性疾患で入院する患者さんが多いので、患者さんもご家族も安心して治療が受けられる環境となるよう、年齢に応じた対応を心がけています。

産婦人科は院内助産システムを中心に、母親学級、助産外来、産後2週間健診等を助産師が主体となって行っています。地域においては、市内小学校での性教育授業「いのちの授業」を市の教育委員会と連携して実施しています。

 

 

 

4病棟

4病棟は、外科・消化器内科の混合病棟です。

毎日2~3件の手術患者さんの観察やケアを行ないながら、多い日は7~8名の入院も受け入れています。若い看護師が多い病棟ですが、パートナーが声を掛け合い、補完したり学びあったりしながら業務を進めています。また、夜間は看護補助者と共に患者の見守りやオムツ交換、体位変換を行なっています。                                            

 

 

  

5病棟

当病棟は、内科・循環器内科、総合診療科、泌尿器科の混合病棟で、若いスタッフが多く、バイタリティー溢れる職場です。安心で安全な看護ケアを心がけ、迅速に対処できる良いチームワークを持つ病棟です。新採用のスタッフや転入でキャリアアップしたい方には、やりがいのある病棟です。

 

 

 

6病棟

6病棟は、整形外科・脳神経外科の混合病棟で、重症急性期の治療から、社会復帰を進めるためのリハビリテーションや、地域の病院との連携に力を注いでいます。医師・看護師・医療社会事業士・退院調整看護師・栄養士・薬剤師・理学療法士がチームを組み、より良い医療が提供できるように取り組んでいます。また看護の質を高める為に、摂食嚥下障害看護認定看護師と共に口腔ケアや、食事介助などに取り組んでいます。安心安全に入院生活を送れるように、環境整備に心がけ、患者さんやご家族との関わりを大切にして、満足いただけるように努力しています。

 

ふれあい看護体験・サマーセミナー他

私たちは、次の時代の看護師育成と一人でも多くの中学生や高校生に看護の仕事を知ってもらうきっかけとなるように、ふれあい看護体験や看護学生のためのサマーセミナーを大切にしています。

参加した高校生からは「今回参加して、看護という職業に今まで以上に興味を持った。」

「患者さんに“ありがとう”と言われ、あらためてやりがいのある仕事と感じた。」との感想が寄せられています。

 

ありがとう看護エピソード

平成27年度、岩手県医療局で募集した「ありがとう看護」エピソードに応募し、賞を受賞した感動の作品です。 私たちは、このような患者さんとの出会いやエピソードに支えられています。

あなたに支えられて

「四十路息子よ 恥じらいもせず 母の手へ 寄せる唇 月ぞ見ゆける」

Aさんの作った短歌です。Aさん、私たちはあなたが望む最期を叶えてあげることができたでしょうか。

「初めて会った気がしないのはなぜでしょうね?」

あなたは初対面の私にそう言いました。色々な話をしましたね。あなたの強さや優しさに惹かれて、あなたの病室を何度も訪ねました。がんの告知を受け治療に希望を持ちながらも、病状の進行を体で感じ命の期限が迫っていることを分かっていたのでしょう。「生きていて欲しい。できる治療が無いわけないだろう。」と息子さんは治療や延命を希望し、あなたの死を受け入れることができずに、時に私たちに怒りをぶつけ苦しんでいました。

あなたは「息子がごめんね。怖い思いをさせているね。私が死ぬことを受け入れて欲しい。」と強いまなざしで私に言いました。

 痛みや苦しさの緩和、あなたやご家族の気持ちに寄り添えるように取り組んで来ました。 受け入れができない息子さんに対して、どう関わったらよいか悩みました。「あきらめたくない。死ぬのを黙って見ていろって言うのか? お前らは医療者だからそうだろうが。」息子言葉に苦しみました。それでもあなたの望みを叶えたくて息子さんと話をしました。

病状が進行し薄れ行く意識の中で、あなたはお子さんたちに囲まれて手を握り、頬を寄せて話をしていましたね。「先生はね、優しい人よ。看護師さんたちも良くやってくれているの。ここに来て良かった。」

 くじけそうになった時、あなたの言葉に背中を押してもらっていました。「静かに看取ることにします。」と息子さんが言ったのは、あなたが亡くなる数時間前でした。

あなたは、息子さんたちが見守る中、静かに息を引き取りました。あなたの望みを叶えるために・・・と思いながら取り組みましたが、私たちの方があなたに支えられていたのですね。

最初と最後のありがとう

「ありがとう」

彼の口はこう動いた。そしてその言葉は、私と彼が出会ったときの8年前も同じ言葉だったと思う。

 私が彼に初めて会ったのは当病院の1年目の登竜門、他部署研修だった。当時外科病棟で働いていた私は、初めて循環器内科病棟という未知の世界へ、研修ではあったが足を踏み入れた。そこで私は彼に出会った。

 彼は難病で、自身で動くことも呼吸もできないため気管切開され、人工呼吸器が装着されていた。外科病棟で何度か人工呼吸器は見たことがあったが、その扱いはまだまだひよっこ。痰を採る手も震えていたに違いない。そんな私が彼の吸痰を行った。手が震え、痰も採れたか分からない私に、彼は「ありがとう」と屈託のない笑顔でそう口を動かしてくれた。それから3年後、東日本大震災で彼は内陸の病院へ転院されていった。

 月日が経ち平成26年の10月、私は7年間を過ごした外科病棟から、循環器内科病棟へ異動になった。そこで待っていたのは彼だった。私も彼も、東日本大震災という未曾有の災害を乗り越え7年越しに同じ場所で再会することができた。

 7年経った私を覚えていてくれたかは定かではないが、1年目の私を知る数少ない彼であったので、自然とケアにも力が入っていたのではないかと思う。彼に成長した姿を見せることが私は嬉しかった。そして彼もそんな私の気持ちに気づいてか、多くの場面で私を頼りにしてくれていた。

 出会って8年目の暑い夏の夜、彼は短い一生を終えた。私が最後に彼に接したのは一生を終える前の晩の吸痰のときだった。1年目のときとは違い、手も震えず吸痰を終えると彼は「ありがとう」と、8年前と変わらない笑顔で口を動かしてくれた。始まりと終わりが「ありがとう」の患者さんは彼が最初で最後だと思う。

 もっともっとありがとうの似合う看護師になります。その屈託のない笑顔で見守っていてください。

▲トップに戻る