放射線技術科

機能評価

放射線技術科

放射線技術科

基本理念

 検査説明を十分に行い、「患者さん中心の検査」に心がけ、心のこもった対応に努めます。

 

基本方針

1. 医療事故防止のため、安全対策の推進と職場環境の改善に努めます。(検査前に、名前・生年月日・撮影部・RL等の確認)

2. 救急患者さんに際しては、最優先に撮影(検査)を行います。

3. 業務の円滑・効率化を図るために、他部門との連携を強化します。

4. 最新の知識と技術習得のため、研修会等積極的に参加します。

5. 患者さんの健康と生命を守るために、全職員は人間愛を持って専門性を結集します。

6. 上記5項目を実現し継続するために、健全な病院経営を目指します。

 

 

一般撮影装置2台、乳房撮影装置、CT、MRI、骨塩定量装置、X線透視装置3台、DSA(血管撮影)、RI(核医学検査)、と沿岸部の急性期中核病院として相応しいモダリティを所有し、さらに、平成24年6月からは放射線治療装置も導入しました。

 最新の撮影技術や放射線治療などを駆使し、他職種とも連携を取れるようにして部門目標である

『 高い安定性を確保し、患者さん中心のチーム医療に貢献する 』

ことを意識し、患者さん中心の安全で良質な放射線診断、及び高精度な放射線治療を行っています。また、平成26年4月より放射線診断医が常勤となり、放射線画像診断にも力を入れています。

 

 

 

各装置について

一般撮影 ( TOSHIBA KXO-50R / SHIMADZU UD150B-40 )

いわゆるレントゲンと呼ばれるもので、X線を使って撮影します。被ばく線量はCTと比べてとても少ないです。身体にはX線が透過しやすい肺や腸管などと透過しにくい骨などがあり、その透過度の違いによりコントラストがつき、画像上には黒から白の濃淡で表示されます。 これにより、骨折部位や特定の疾患、異物の位置などがわかります。

 

 

乳房撮影装置 ( FUJIFILM AMULET FDR MS-1000 )

乳がんの診断に欠かせない、X線を使用して撮影する検査です。上半身裸になって撮影装置の前に立ち、乳房全体が写るように引っ張りながら検査台に乗せ圧迫して撮影します。中の様子がよくわかるように乳房を薄く伸ばし、強めに圧迫します。そのため、痛みを伴う場合があります。

乳房に直接触れる検査ですので、女性技師のニーズが高まっています。当院でも3名の女性技師を中心に撮影を行っています。

 

CT ( TOSHIBA Aquilion 32 )

ドーナツ状の機械の中に入り、X線で撮影します。 撮影した画像データはコンピュータで自動的に処理され、身体を輪切りにした状態の画像が表示されます。また、この画像データを使用して立体的な3D画像を作成することも可能です。

 

MRI ( GE横河Signa HDxt 1.5T )

一見するとCTと似たような装置ですがこちらの装置は ‘‘X線‘‘ ではなく ‘‘磁石の力‘‘ で画像化しています。そのため、被ばくがないことが最大のメリットとなっています。また、造影剤を使わずに血管を確認できるのもMRIならではの特徴です。

しかし、撮影時間が長く、検査中は騒音がするといったデメリットもあります。

 

 

血管撮影装置 ( SIEMENS Artis Zee )

当院では、バイプレーンというX線管球が2つある装置が導入されており、2方向から同時に透視や撮影が可能となっています。これにより、検査時間の短縮や造影剤使用量の低減などが図れます。

心臓カテーテル検査やペースメーカ移植術などで主に使用されており、それ以外にも頭部や腹部血管造影などにも使用されています。

 

 

 

放射線治療装置 ( VARIAN Clinac iX )

放射線療法は、手術による外科療法、抗がん剤による化学療法と並ぶがんの三大療法の一つであり、「がん」に放射線を照射することで「がん細胞」を死滅させ、その増殖を抑える治療です。

当院でもリニアック(直線加速器)による外部照射で年間約100名の患者さんの治療をしています。

1回あたりの治療時間は約15分です。

 

「がんを治す」「再発を予防する」「痛みや出血を抑える」など様々な目的で行なわれます。

手術のように切ることがないため「臓器の機能や形態が温存できる」など、体への侵襲が少ないため高齢者でも治療できます。状態によっては仕事や日常生活を続けながら「通院で治療ができる」などの特徴があります。

放射線治療室では他部門と連携しながら、放射線治療医、放射線治療専門技師、看護師が中心となり、患者さんに寄り添いながら安心・安全な治療の提供を心がけています。

治療を受ける方は各診療科からの紹介制となっておりますので、ご不明な点がありましたら各診療科へご相談下さい。

 

▲トップに戻る