病院のご紹介

機能評価

病院長あいさつ

地域医療、救急医療の砦として皆で職務を遂行していきます

 

                     岩手県立釜石病院長: 坂下 伸夫

 

 岩手県立釜石病院ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

 本年4月、病院長を拝命し着任いたしました。今後とも宜しくお願いいたします。

着任前は隣の県立大槌病院に4年間勤務し、新病院の開院等に携わりましたので

釜石大槌地域の現状についても十分理解しております。また、温暖で海産物の

豊富なこの地域を非常に気に入っております。

 

 当院は釜石・大槌医療圏の基幹病院として先達の尽力により実績を上げ信頼を得て

参りました。特に急性期疾患の治療において常に最善最良の医療を提供してきました。

また、救急においても「断らない救急」をモットーに診療体制を整えております。

 

 岩手県立病院は「県下にあまねく医療の均てんを」の基本理念のもとにそれぞれの

役割を果たしています。地域で安心安全に暮らしていくために、医療はどうしても

必要なものの一つです。

 

 しかし、近年の医療を取り巻く環境には非常に厳しいものがあります。医師の偏在、

人口減少等強い逆風を感じるものもあり、県立釜石病院も例外ではなく、少ない医師や

職員の懸命な努力に支えられております。また、病床再編・地域包括ケアシステム・

人生会議・働き方改革などこれからの医療のあり方への対応も迫られます。これらの

状況を鑑み、守るべきものは守りながら、変化を恐れず、変えるべきものは変えていき

たいと考えております。OKはまゆりネットなどのツールを活用し、地域の医療・介護

施設と協働しながら釜石・大槌地域の医療に貢献していく所存です。

 

 皆様のご協力を得ながら地域医療を継続していくことが我々の使命であると考えて

います。これからも宜しくお願いいたします。

 

 

▲トップに戻る