病院のご紹介

機能評価

認定看護師

皮膚排泄ケア認定看護師(WOCN)

清水端 光子 主任看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師は、WOCNとも呼ばれます。 ound(創傷)、stomy(人工肛門 - ストーマ)、ontinence(失禁)、urse(看護師)の略称です。

創傷領域では、床ずれや手術後の傷などに対して、早く傷が治るような環境を整える看護ケアを提供しています。床ずれの予防は、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師などの他職種からなる床ずれ予防対策チームで連携して取り組んでいます。床ずれのある患者さんには、床ずれ予防対策チームで回診を行っています。

ストーマ領域では、人工肛門・人工膀胱や胃ろうなどの患者さんに対して、術前から退院後の生活まで関わり、病棟・外来看護師と共にストーマセルフケアやスキンケアなど、生活の質を維持・向上できるようお手伝いをさせていただきます。当院では、『ストーマ外来』を開設し、退院後の生活も支援できるよう継続的にケアを行っています。他院でストーマの手術を受けられた患者さんも受診できますので、お気軽にご相談ください。 失禁領域では、失禁のコントロールや失禁に伴うスキントラブル、臭い、生活制限などの問題に対処することで、生活の改善を目指します。他院の看護師・訪問看護師の方とも情報交換をしてネットワークをつくり、患者さん・ご家族が地域で安心して生活ができるようWOC領域のケアに取り組んでいます。

  

摂食・嚥下障害看護認定看護師

黒澤 美華子 主任看護師

摂食・嚥下障害看護認定看護師とは、上手に「食べる」・「飲み込む」ことができなくなってしまった患者さんをサポートする看護師です。

患者さんの口から食べられる可能性を評価し、噛む・飲み込むための練習の指導、また安全に食べられるように、食べやすい飲み込みやすい食事の検討、食事摂取方法や食事介助方法の指導、栄養管理、歯磨きの指導などを行います。

人間にとって「食べる」という行為は、単に栄養補給し生命を維持するだけではなく、楽しみや生きる活力でもあります。

医師、病棟看護師、栄養士など他職種と連携して、患者さん・ご家族さんにとって最も良い方法を考え、より良い食環境を提供できるように日々取り組んでいきます。

患者さん・ご家族さんの「食べたい」・「食べさせたい」という思いを支える看護を提供し、共に喜びをわかちあいたいと思います。

 

 

がん化学療法看護認定看護師

佐々木 貴子 看護師

がん治療は「手術療法」「放射線療法」「化学療法」の3本柱となっており、その中で「化学療法」は選択肢の1つとして行われています。2人に1人ががんになる時代であり、近年がん治療の進歩により患者さんががんと向き合う時間が長くなっています。

抗がん剤で治療される患者さんの思いに耳を傾け、副作用のつらさを少しでも取り除きたいとの思いから、平成26年にがん化学療法看護認定看護師の資格を取得し、現在は外来化学療法室で働いています。

抗がん剤治療を受ける患者さんが「確実」「安全」「安楽」に治療できる環境を整えること、そして治療に関わるスタッフが正しい知識を持って行うための研修会などを行っています。また、医師や薬剤師、看護師など多職種でのチーム医療を実践しながら、患者さんの希望に添った治療の選択やケアの提供に心がけています。

患者さんと同じ目線で考え、思いを話せるような関わりができることを目標とし日々実践しています。

がんに関すること、抗がん剤治療に関すること、副作用の対処方法、脱毛に対するウイッグの相談などありましたら、いつでも声をかけてください。

 

 

緩和ケア認定看護師

西 明子 看護師

「緩和ケア」とは、がんなどの病気にともなう痛みや苦しい症状を和らげ、不安や不眠を取り除き、様々な問題に対して患者さんやご家族の方を支援することで、その人らしく日々を過ごせるよう行うケアのことです。

緩和ケア認定看護師は、告知を受けた後の気持ちの整理のお手伝いや、これからの治療方法を決める時の支援(相談)、身体の辛さを軽くする方法やご家族の心配事を一緒に考え、病気と付き合いながら生きることに寄り添わせて頂きます。

また、釜石病院には「緩和ケアチーム」があります。主治医や受け持ち看護師の他、身体症状を担当する医師、正しい薬の使い方を指導する薬剤師、食べやすいように工夫をする栄養士、筋力低下を防ぐ方法を指導する理学療法士、経済的・社会的な問題に対応する医療ソーシャルワーカーと、多職種が力を合わせて患者さんとご家族の希望に添えるよう努力するチームです。その中で緩和ケア認定看護師は、チームの活動がスムーズに行われるよう調整役を行っています。

患者さんやご家族の方が病気になっても、できるだけ普段の生活に近い状態で過ごせることを目標にお手伝いさせて頂きます。 

 

感染管理認定看護師

紺野 由香里 主任看護師

感染防止対策の目的は「患者さんやご家族を守ること」「病院で働く職員を守ること」「自分自身を守ること」です。医師・臨床検査技師・薬剤師・看護師・各部門のスペシャリストとともに、感染制御チームで活動しています。

感染管理認定看護師の仕事は、手指衛生など日常の感染対策の実践、院内ラウンド、院内外の感染症情報を収集し感染症発生に迅速に対応するための現状把握や評価、感染防止対策に関する教育・相談などの実践です。病院を出入りするすべての方に対して感染予防に努め、感染症流行期や感染症が発生した際には拡大を最小限にするために取り組んでいます。活動を通して、安全で質の高い医療・看護の提供を目指します。

▲トップに戻る